出版業界の今を知る

雑誌制作の仕事が多い

読書

編集の求人の場合、他の業種に比べても正社員や派遣社員の募集が圧倒的に多いのが特徴です。アルバイトの求人もありますが、編集の仕事は1人で任される仕事の量が多くなる為、できるだけ仕事に専念してもらいやすい正社員や派遣の求人が多くなると言われています。編集の仕事の場合、書籍と雑誌では制作工程に違いが出てきます。特に近年の編集求人では雑誌出版社の求人が多くなってきているでしょう。電子書籍の普及にともなって、本を読む人が減ってきていることが要因として挙げられます。雑誌の場合は、広告効果も強いことから出版業界のみならず広告業界を経験している人でも歓迎されるケースがあります。転職で編集の仕事をする場合は、自分が経験してきた仕事の中でもどの部分を活かせるか考えてから求人に応募するのが良いでしょう。

ジャンルへの興味は重要

編集の仕事を派遣で働く場合、基本的に時給の場合が多いですが、他の業種に比べても時給が高く設定されています。時給が1,500円以上のところも多いので、派遣でもかなり稼ぐことができるでしょう。中には派遣から正社員登録ありの企業もあるので、まずは派遣から始めてみて、自分に合う企業であれば正社員を目指してみるというのも1つの方法です。また、出版といっても、ファッション雑誌をメインで取り扱う企業からビジネス誌を扱う企業、本を中心に出版している企業など様々です。出版する冊子のジャンルに対する興味などが問われることが多くあります。派遣でも正社員でも編集の求人を探すときには、自分が興味のあるジャンルの冊子を出版している企業に応募するのが採用への近道といるでしょう。