中途採用の場合

スキルや経験だけじゃない

読書

現在の編集の仕事は、基本的なパソコンの操作ができるかどうかは重要なポイントとなっています。エクセルやワードのスキルは必要となる場合が多いので、スキルが無い人は本格的に就職活動を始める前にスキルを身につけておくのが良いでしょう。中途採用の場合はこうしたスキルや経験が重要視される場合が多いので、転職活動で編集の求人を探している人は、自分ができることを面接の際にアピールすると良いでしょう。しかし、面接や自己PRの際に注意しておきたいのが、あまりにも経験やスキルばかりをアピールしないようにするということです。基本的に企業では多くの人と協力しながら仕事を進めていくので、ある程度のコミュニケーション能力も必要となります。周囲の人と協力して円滑に進めていける人間性もアピールすると良いでしょう。

経験の年数

中途採用で編集の求人を探す場合、基本的に実務経験と呼べる年数は3年と言われています。企業によって求める経験年数は変わってくるので、求人欄で確認しておくと良いでしょう。経験が無い人は、経験不問の求人や応募資格に実務経験の有無が記載されていない求人を選ぶのがポイントです。編集の仕事は、企業によって具体的な仕事内容が違ってくるうえ、同じ実務年数でも働いている内容や質が変わってきます。出版業界で3年働いていても編集の仕事に携わったことが無い人もいれば、1年の間に様々な編集を手がけた人もいます。経験の年数が応募資格に満たしていない人でも、経験の内容に自信があるならば求人応募をしてみるのも良いでしょう。